スポンサーリンク

Wirexカードとは?

Wirexカードをご存知でしょうか?こちらはビットコイン(Bitcoin/BTC)を普段の生活で使用することができるカードです。ビットコインを持っていても、お店がビットコインの支払いに対応していなかったり、ビットコインを円に換えるのが面倒といった理由で中々普段の生活で使いづらい面があるのですが、このWirexカードがあれば、

  • ・VISA、MasterCard対応店ならどこでも使える
  • ・取引所からカードにビットコインをチャージできる
  • ・チャージしたら円に替える必要がなく、そのまま買い物で使える
  • ・ATMで日本円を引き出すことも可能
  • ・スマホから残高が確認できる

といったメリットがあり、ビットコインをより身近な通貨にすることができます。
では、早速このWirexカードはどのように作るのか、みていきましょう。

Wirexカードの作り方

1.まずはサイトに行き、アカウントを登録する

まずは、Wirexの公式サイトにいき、「無料で登録する」ボタンを押し会員登録をします。
公式サイト:https://wirexapp.com/ja/

 上のような画面になり、必要事項を入力して会員登録を完了します。
するとWirexから登録したメールアドレスにメールがきます。英語でわかりづらいかもしれませんが、メールアドレスの本人確認のため「Confirm email」ボタンを押しましょう。
これでアカウント登録は完了です。

2.Wirexサイトからログインする

Wirex公式サイトに戻り、右上にあるログインボタンを押し、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。
こちらがログイン後の画面になるのですが、まずはカードを作成する前に画面の左下に行き、各種認証を完了させましょう。



「IDを確認して限度額を増やしてください」の方は、身分証明書類と住所証明書類をアップロードします。それぞれ有効な書類がありますので、確認してアップロードしましょう。

「お使いのモバイル機器のアカウントのセキュリティを追加します」の方は、画面から2要素認証をクリックし、書かれた手順に従って2要素認証を追加しましょう。セキュリティのためにも是非やっておきましょう。

3.カードの注文をする


「カードを注文」のところから、発行したいカードを選択します。今回はUSDプラスチックカードを選択しました。ちなみに1人あたり「USD(アメリカドル)」「EUR(ユーロ)」「GBP(英ポンド)」の3種類発行することができます。
 まずは名前と生年月日を入力します。

そして住所を記入しましょう。配送方法の選択ですが、今回は無料配送を選択しました。住所は英語で記入する必要がありますので注意しましょう。

  • 住所1→建物、番地を入力
  • 住所2→区、市、町を入力

住所1、住所2の入力欄はともに35文字以上入力することが出来ませんので、どうしても入らない場合はサポートに問い合わせるなどして対応しましょう。
ちなみにサポートは日本語でも大丈夫です
住所の入力が終わったら、次はカードの発行費用の支払いです。カードの発行費用は17ドルで、それに相当するビットコインで支払う必要があります。そして支払い方法を選択します。支払い方法には、

  • ・Wirexアカウントにチャージしているビットコインから支払う
  • ・指定されたアドレスにWirex以外のアカウントからビットコインを送金して支払う

という2つの方法があります。今回は、Wirexアカウントにビットコインをチャージしてそこから支払う方法をとりました。
アカウントへの資金の追加ですが、下の画面の「Bitcoin account」をクリックしましょう。


ここから「資金を追加」ボタンを押して指定されたアドレスにビットコインを送金します。
ビットコインが着金したら口座に反映されます。1時間とかそれくらいで着金されました。
送金されたビットコインでカードの発行手数料を支払い、カードの申し込みの完了となります。

Wirexカードが到着したらやること

2週間程度で入力した住所にカードが届きます。


緑色のカードが届くと思いきや、真っ黒の、しかもWirexとかどこにも書いていないMy Choiceというカードが届きます。最初間違いかと思いましたが、これがWirexカードです。
カードが到着したら、まずはカードのアクティベートを行います。カードのアクティベートですが、Wirex公式サイトにログインして、「USDプラスチックカードを配送中」の部分からアクティベートをします。


アクティベートはカードの末尾の4桁の数字と有効期限を入力することで完了します。
アクティベートを完了した後は暗証番号を取得しましょう。「USDプラスチックカード」をクリックし、「暗証番号を送信」から暗証番号を取得します。暗証番号は登録メールアドレスに送信されます。

 このようなメールが来ます。
 これでカード発行から到着までの一通りの流れは終わりです。では、実際にカードを使用してみましょう。

Wirexカードの使用方法

まずはカードを使用するにあたって、Wirexカードに資金をチャージする必要があります。チャージの方法としては、USDプラスチックカードの「ほかの通貨に両替」をクリックします。

すると下のような画面になりますので、ここからチャージを行います。この画面では両替元がUSDプラスチックカードになっていますので、両替元をBitcoin accountに変更します。

そして両替したいビットコインを入力して両替をします。両替には手数料がかかります。今回0.004656BTCの両替に対して手数料は0.001191BTC(300円ほど)かかりました。これはブロックチェーン手数料といわれていて、両替を即時に実行するために必要な手数料になります。毎回手数料がかかるので両替する際にはできるだけまとめて両替することをお勧めします。
 さて、両替処理を完了すると、数秒で反映されました。これから実際にWirexカードを使ってみたいと思います。
今回は近くのコンビニでWirexカードを使って支払いをしてみました。流れとしては、レジに商品を持って行ってWirexカードを出すだけです。支払いの際に「クレジット決済ですか?」と聞かれましたが、「はい」と答えて支払い完了です。こちらがレシートになります。

支払い完了後にWirexのサイトに行くと、このように早速支払いが反映されていました。
VISAやMastercard対応店なら、クレジットカードと全く同じ感覚で使用できます。Wirexでの支払いには手数料はかかりませんでした。
また、VASAやMastercardに対応しているコンビニATMにWirexカードを入れると、日本円の引き出しも可能です。ファミリーマートは対応していませんが、セブンイレブンやローソンのコンビニATMは対応しています。

まとめ

今回Wirexカードを発行して実際に使用してみるところまでレポートさせていただきましたが、クレジットカードと同じ感覚で使えて非常に便利なことが分かりました。ただ、当然手数料も発生します。カード発行からカード使用まで必要な手数料は、

  • ・カード発行手数料:17ドル
  • ・アカウントへビットコインを送金する際の手数料
  • ・アカウントのビットコインをカードにチャージする際の手数料

でした。特にアカウントのビットコインをカードにチャージする際の手数料は、ビットコインの量が多くなるほど少なくなるので、こまめにチャージするのではなく、まとまった金額をチャージするようにしましょう。ちなみに今回12ドルほどのチャージで手数料は3ドルほどでした。

このようにカードの使用にあたって手数料はいくらかかかるのですが、ビットコインを取引所で日本円に交換して銀行出金してATMから引き出して使用することと比べると、断然手軽に、手数料も安くビットコインを利用できるので、ビットコインを所有している方は必携のカードかと思います。VISAがついているので楽天などのインターネットショッピングでももちろん使えます。

ちなみに認証レベルによって利用できる金額は大きく異なります。大抵の方は認証を済ませないと出金もショッピングも不自由を感じるはずです。
ところがこの認証が結構時間かかりました。パスワード以外にも住所確認書類を送付したり、結構面倒です。

今後一気に利用者は増えてくるでしょうから、かなり混み合ってくることが予想されます。
今すぐ申し込んでおくことをお勧めします。だんだん年度末近くなると、税金面とか色々考えて申込者殺到しそうな気がします。

Wirexカード無料登録:
https://wirexapp.com/ja/