スポンサーリンク

ビットコインのデビットカードとは?

最近ビットコインで決済ができる店舗が普及しつつありますが、それでもまだ日本全国で見たときの普及率は高いとは言えません。そのためビットコインで資産運用していても、実際に買い物などで使うのには、一度取引所でビットコインを円に換えて、それを出金しなくてはならない場合が多いです。その取引の際や出金の際に色々と手数料がかかるので、不便と感じる人も多いのではないでしょうか?その悩みを解決してくれるのがビットコインデビットカードです。使ってみると本当に便利なので、その仕組みやメリット、デメリットを見ていきましょう。

ビットコインデビットカードの仕組み

カード自体は、プリペイドカードなので特別な仕組みがあるわけではありません。しかし大きな特徴として、ビットコインを各法定通貨に両替してチャージができるという機能があります。取引所を介さずに両替できますので手間が省けます。

カードとしては、円に両替してチャージできるもの(=バンドルカードとマネパカード)と、円以外の法定通貨(米ドル、ユーロ、ポンド)に両替してチャージできるもの(=Wirexカード、UQUID)があります。どちらもセブンイレブンなどのATMから日本円で出金できますし、いずれのカードもVISAなどと提携しているのでショッピングなどでもほぼ使い勝手は変わりません。

各カードは暗号通貨の取引所と連携していて、その取引所のレートに従ってビットコインを各法定通貨に両替することができます。

ビットコインを日本円で出金するまでの基本的な流れは以下のようになります。

①デビットカード指定アドレスにビットコインを入金する。
②アプリやウェブ上でビットコインを各法定通貨に両替してチャージ。
③ATMで日本円出金する。

WirexとUQUIDは、外貨でカードにチャージする形なので為替の影響は受けますが、基本的な使い方は変わりません。

ビットコインデビットカードのメリット

メリットとしては、簡単にビットコインを円に両替できたり、ショッピングに利用できるというのが大きいです。まだまだビットコインで決済できる店舗は少なく、やはりまずは取引所においてビットコインを円に替え、それをさらに銀行振り込みにより出金してATMで引き出さなければなりません。その際に各種手数料がかかるため手間もお金もかかります。そのためプリペイドカードにビットコインを決済できる通貨としてチャージできるというのは非常に大きなメリットになります。その利便性もさることながら、また税金の面でも得する可能性があります。

ビットコインデビットカードのデメリット

デメリットとしては、カード発行にお金がかかることや維持費がかかるカードがあるということです。各種カードで異なるのでそれは詳しく見ていきましょう。

ビットコインデビットカード比較4選

Wirexカード

(基本情報)
Wirex は全世界で 100カ国以上、50万枚以上発行されているビットコイン決済システムを導入したデビットカードで、ロンドンに本社を置くWirex社が発行しているカードになります。公式サイトは日本語対応しており、世界各地への発送に対応しているため日本で注文してもカードが届きます。

(各種手数料)
・発行手数料
プラスチックカードを発行する際には17ドルの手数料がかかります。通常配送料は無料なので、送料込みで17ドルになります。米ドル、ユーロ、ポンドのカードがあり、選択してオーダーします。

・その他手数料

米ドル ユーロ 英ポンド
ショッピング 手数料なし 手数料なし 手数料なし
国内ATM利用 2.50 2.25 1.75
国際ATM利用 3.50 2.75 2.25
外貨トランザクション手数料 3% 3% 3%
月額サービス料 1.00 1.00 1.00
休眠アカウントの手数料 手数料はかかりません 手数料はかかりません 手数料はかかりません
暗証番号の変更 1.00 0.80 0.60

 

  • 国内ATM利用– 自分が持っているカードで設定されている通貨でのATM引き出し。
  • 国際ATM利用– 自分が持っているカードで設定されている通貨と異なるあらゆる通貨でのATM引き出し。
  • 外貨トランザクション手数料 (海外事務手数料)– 自分のカードで設定されている通貨と異なるあらゆる通貨でのあらゆるトランザクション(為替手数料ですね)

Wirexではビットコインを米ドル、ユーロ、ポンドのいずれかのカードで両替してチャージする形になります。2017年に日本円にも両替できるよう対応するということが発表されていますが、まだリリースされていません。待ち遠しいですね(2017年6月現在)

例えばセブンイレブンのATMで米ドル建てのカードで出金しようとした場合の手数料は、海外トランザクション手数料(ドル⇒円)3%+国際ATM手数料利用3.5ドルかかります。こまめに引き出さずにまとめて出金するのがよいと思います。

(交換可能法定通貨)
仮想通貨を交換可能な法定通貨は、ドル、ユーロ、ポンドになります。

(対応アルトコイン)
法定通貨に交換可能な仮想通貨は、現在約60種類ほどあります。これはかなり便利ですね。代表的なものを紹介しておきます。

ビットコイン(BTC/Bitcoin)
イーサリアム(ETH/Ether)
ライトコイン(LTC/Litecoin)
ダッシュ(DASH/Dash)
オーガー(REP/Augur)
ドージコイン(DOGE/Dogecoin)

(メリット)
・ドル、ポンド、ユーロに両替できるので海外旅行の際に便利。
・ビットコイン以外にも60種類ほどのアルトコインを両替できる。
・サイトが日本語対応している。
・二段階認証があってセキュリティがしっかりしている。
・スマホで残高確認やチャージが出来るので便利。
・円安ドル高の際はお得に買い物が出来る。
・VASAに対応しているので使用できる店舗が多くて便利。
・利用限度額10,000ドル(認証済み会員、未認証は2,500ドル)と大きく、大きな買い物にも利用しやすい。
・ATMで日本円の現金出金が可能。

(デメリット)
・英国からの発送になるのでカードが届くまでに時間がかかる。
・カード発行手数料は17ドルと少し高い。
・円に両替することはできないので少し不便。
・月額サービス料がかかる。

公式サイトへ:https://wirexapp.com/ja/

UQUID(ユーキッド)

(基本情報)
Wave Crest Holdings, limited.というイギリスにある会社が発行しているカードになります。ホームページは日本語対応していないので、英語が苦手な方は問い合わせの際などに不便を感じるかもしれません。。

(各種手数料)
・発行手数料
プラスチックカードの発行には16.99ドルかかります。ただ、配送料は無料です。

・その他手数料

米ドル ユーロ 英ポンド
ショッピング 手数料なし 手数料なし 手数料なし
国内ATM利用 2.50 2.25 2
国際ATM利用 3 2.75 2
外貨トランザクション手数料 3% 3% 3%
月額サービス料 無料 無料 無料
暗証番号の変更 1.00 0.80 0.60

 

その他手数料は上記のようになります。月額サービス料が無料であるのはWirexとは異なる点ですね。

(交換可能法定通貨)
Wirexと同じく、ドル、ユーロ、ポンドになっています。

(対応暗号通貨)
UQUIDでは、現在約80種類のアルトコインに対応しています。代表的な仮想通貨を紹介しておきます。

ビットコイン(BTC/Bitcoin)
イーサリアム(ETH/Ether)
ライトコイン(LTC/Litecoin)
ダッシュ(DASH/Dash)
オーガー(REP/Augur)
ドージコイン(DOGE/Dogecoin)

これらの代表的なアルトコインに加えて、かなりマニアックな通貨をデポジットすることができます。

(メリット)
・ドル、ユーロ、ポンドの3通貨に両替することができる。
・海外旅行の際に便利。
・対応アルトコインは80種類とかなり多い。
・スマホから残高確認やチャージが出来る。
・月額利用料がかからない。
・二段階認証がありセキュリティもしっかりしている。
・VISAに対応しているので使用できる店舗が多い。
・ATMで日本円の現金出金が可能。

(デメリット)
・サイトが日本語対応していないので不便。
・円に両替することはできない。
・カードの発行手数料は17ドルと少し高い。
・英国からの発送なのでカードが届くまでに時間がかかる。

公式サイトへ:https://uquid.com/

バンドルカード

(基本情報)
株式会社カンムという東京にある会社が発行しているカードになります。国内会社のカードであるため安心して使用できるのではないでしょうか。

(各種手数料)
・発行手数料
プラスチックカードは300円で発行することができます。

・その他手数料

単位:円
ショッピング 無料
国内ATM利用 無料
チャージ手数料 無料
海外事務手数料 4.5%
月額サービス料※ 無料

 

その他手数料は上記のようになっています。

海外事務手数料は、バンドルカードを日本国外のVASA加盟店で使用した際に発生する手数料の事です。10,000円使っても450円なので、ビットコインを取引所で日本円に換えて出金してATMから引き出して、それを両替するといった手間と手数料を考えるとかなりお得ですね。

月額サービス料ですが、120日間未利用の場合、以降30日毎に残高から100円引かれ、残高が100円未満になった場合はカード解約となります。カード解約後は、口座維持費は発生しませんがカード利用はできなくなる、という規則がありますので注意しましょう。

(交換可能法定通貨)
円のみ

(対応暗号通貨)
ビットコインのみ

(メリット)
・日本の会社が発行しているので安心できる。
・円に両替することが出来る。
・スマホで残高確認やチャージができる。
・VISAに対応しているので使用できる店舗が多い。
・Coincheckと提携しているので、Coincheckユーザーは簡単にチャージすることができる。
・カード発行手数料は300円とかなり安い。
・各種手数料も他のカードに比べて安い。
・月額サービス料は無料で使用できる。
・多段階認証が使用されており、安心してチャージできる。

(デメリット)
・両替できるのは円のみ。
・対応仮想通貨はビットコインのみなので他の仮想通貨を持っている人は使用できない。
・120日間利用がないと口座維持費用が発生する。
・チャージ残高上限額が10万円、1回のチャージ金額上限が3万円と小さい。
・ATMで現金を出金できない。
・通算限度額100万円で、超えたらまた新しいカード発行が必要になる。

公式サイトへ:https://vandle.jp/

マネパカード

(基本情報)
東京にある株式会社マネーパートナーズという会社が発行しているカードになります。こちらも国内会社のカードとなりますので安心して使用できそうです。

(各種手数料)

手数料項目 通貨 手数料金額・率 備考
入会金 JPY 無料
年会費 JPY 無料
チャージ手数料 共通 無料
ATM手数料
(海外ATMから外貨を
引き出す際の手数料)
USD 2USD/回 ※ATM引出時に利用通貨のチャージ残高から引き落とされます。
※ATMによっては設置金融機関がATM使用料を別途設定している場合があります。
EUR 1.75EUR/回
GBP 1.5GBP/回
AUD 2.5AUD/回
HKD 20HKD/回
出金手数料
(お客様の銀行口座
への送金手数料)
JPY 540円/回(税込) ※出金依頼確定時に未チャージ残高から引き落とされます。
カード再発行手数料 JPY 1,080円/回(税込) ※未チャージ残高から引き落とされます。

 

(交換可能法定通貨)
円、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、香港ドル
※ただしビットコインから交換できるのは円のみで、その他の通貨は円からの交換になります。

(対応アルトコイン)
ビットコインのみ

(メリット)
・交換可能通貨が6種類あり、海外旅行の際に便利。
・Zaifと提携していて、Zaif利用者は簡単にチャージすることが出来る。
・入会金、年会費が無料なので気軽にカードを作ることが出来る。
・カードショッピング保険(カードで購入した商品が破損・紛失の被害に遭ったときに50万円まで補償)があり、安心して使用することが出来る。
・紛失時もすぐにセキュリティロックが出来るので安心。
・Mastercard対応なので、使用できる店舗が多い。
・FX口座の外貨もチャージでき、汎用性が高い。
・チャージ手数料が無料なので利用しやすい。
・ATMで日本円の現金出金が可能。

(デメリット)
・出金手数料が日本円で540円かかるのは少し高い。
・スマホアプリとの連携はないため口座残高などの確認は少し不便。
・ビットコイン以外のチャージは出来ない。
・Zaif以外からのビットコインのチャージは出来ない。

公式サイトへ:https://card.manepa.jp/

まとめ:オススメの暗号通貨デビットカードは?

暗号通貨投資をされている方は、なんといってもWirexカードをお勧めします・・というより、これは必須のカードではないでしょうか。とにかく1度使ったら便利でもう手放せないカードです。スマホアプリもあり、すべて日本語対応しているので使いやすいです。

ビットコイン以外の暗号通貨も多数カバーしていますし、また利用限度額が大きいので、今年暗号通貨投資で稼いだ方にはかなり利便性高くメリットあると思います。

UQUIDも同じようなサービス体系ですが、日本語対応していなかったりアプリもなかったり、ちょっと使いにくいですね。

バンドルカードは日本の会社が運営していて使い勝手はよいのですが、チャージ金額の上限が10万円と少なくて、またATMで出金もできないため、ちょっと投資家目線だと利用しにくいです。

マネパカードはビットコインしか対応していないのですが、対応法定通貨が多いので海外に行くことが多い方には、よいかもしれません。

いずれにしても、急に資金が必要な場面ってありますよね?そういうケースに備えて早めにカードは保有しておくとよいと思います。

おすすめのWirexカードですが、海外から郵送されてくるので、申し込みから届くまでに2週間ほどかかります。到着後に利用制限を上げてもらうなどの承認手続きでさらに1週間ほどかかり、なんだかんだで1ヵ月近くかかります。とりあえず申し込み申請はすぐにやっておくとよいと思います。今後まもなく日本円対応も始まり、申込者が殺到することが予想されます。手に入れるまでにかなり時間がかかってしまうかもしれません。

Wirexカード申し込み:
https://wirexapp.com/ja/