スポンサーリンク

ビットコイン・暗号通貨の保管方法について

ビットコインの保管はどのようにされていますか?ビットコインは私たちが普段使っている通貨とは違って、銀行に預けるシステムがありません。そのためビットコインの保管は各自で行うしかありません。

たいていの方は取引所にビットコインを保管しているのではないでしょうか?もちろんトレードする上で一定量コインを取引所に預けおくことは必要ですが、取引所一箇所にまとめて保管するということは危険もあります。取引所がハッキングなどを受けたり、破綻したりすると、預けていたビットコインを失うことになるからです。特に取引所はハッカーに狙われやすいです。理由は簡単でそこにたくさんの資金が集まっていることが明白だからです。最近ビットフライヤーとコインチェックで補償サービスが付きましたが、条件もあったりしますのでやはり自分で資産を守る姿勢は大切です。

ウォレットは要するにビットコインの財布みたいなもので、取引所に比べて安全にビットコインを保管することができます。特に大量のビットコインを保有している場合などは、ウォレットに保管しておくことでリスクを分散できます

今回は、ビットコイン・仮想通貨を保管できるウォレットについて、その種類と特徴をまとめてみたいと思います。

ウォレットの種類と特徴について

① インターネット上のウォレット(WEBウォレット)


多くの人がインターネット上にビットコインを保管しているのではないでしょうか?インターネット上のウォレット(ウェブウォレット)は、口座開設や設定が簡単であることが特徴です。また、どのデバイスからもアクセスできるのはインターネット上に保管するメリットですね。

ただ、安全性に関しては、難点があります。それは、セキュリティ面がサイト管理者に一任されている点です。サイトのセキュリティが甘いと簡単にハッキングされてビットコインを盗難されてしまいます。
また、接続トラブルなどが発生するとインターネット上のウォレットは利用できなくなります。このように、安全性の面でインターネット上のウォレットは大量のビットコインの保管には向いていないかもしれません。

◯Blockchain.info(ブロックチェーン・インフォ)

このウォレットは日本語対応しており、世界的に見て最も利用者数が多いウォレットになります。
セキュリティとして二段階認証が導入されており、またバックアップのために12単語が用意されており、トラブルの際も安心できます。保管できるのはビットコインのみですが、円、ドル、ユーロなど20以上の通貨にビットコインを換算することができます。
また、デスクトップ、iOS、Androidからアクセスできるため非常に便利なウォレットになっています。

公式サイトへ

Coinbase(コインベース)

このウォレットは日本語対応していません。しかし、上記のBlockchain.infoに並んで世界的に人気のあるウォレットになります。このウォレットの大きな特徴は、取引所としても利用することが出来る点です。一つのサイトで取引所とウォレットの機能がついているのは便利ですよね。このウォレットでも保管できるのはビットコインのみになります。

公式サイトへ

MyEtherWallet(マイイーサーウォレット)

こちらはイーサリアムが保管できるウォレットとして大変有名です。日本語にも対応しており、操作も簡単です。最近はICOで新しいコインを購入し、トークンを受け取ったりすることでも利用者が増えています

公式サイトへ

② モバイル端末上のウォレット

モバイル端末上のウォレットでは、iPhoneやAndroidでアプリをインストールすることで、そのアプリにビットコインを保管することが出来ます。モバイル端末上のウォレットのメリットとしては、持ち運びが楽であることや、QRコードが利用できるため店舗でビットコインを利用する場合に便利といったことが挙げられます。セキュリティに関しては、インターネット上に保管するよりかは安全ですが、やはりオンライン下でビットコインを保管することになりますので完全に安全とは言えません。

Mycelium(マイセリュウム)


このアプリはAndroid、iPhoneともに対応しています。Myceliumではウォレットに預けられるのはビットコインのみですが、多くの付属機能があります。代表的な機能としては、Mycelium内のビットコインを、紙に印刷して保管できるという機能です。これをペーパーウォレットといいますが、オフラインでの保管ということで非常に安全性が高くなります。

breadwallet(ブレッドウォレット)


このアプリはAndroid、iPhoneともに対応しています。breadwalletの特徴は、アプリがシンプルで見やすい点です。また、アプリをダウンロードしさえすればすぐにウォレットとして使用することができます。このような利便性を売りにしているウォレットになります。預けることが出来るのはビットコインのみです。

Jaxx Blockchain Wallet(ジャックス・ブロックチェーンウォレット)


このアプリはAndroid、iPhoneともに対応しています。Jaxx Blockchain Walletの特徴は、数多くの暗号通貨に対応している点です。ビットコインに加えてEther、Ether Classic、Dash、DAO、Litecoin、REPに対応しています。ビットコイン以外の通貨を預けることのできるウォレットは、まだ数少ないので貴重なウォレットになります。

◯Copay(コペイ)

iOS/Android/PCなど多くのデバイスに対応している人気のウォレットです。
スマートフォン版やPC版の間の違いがほとんどなく、操作しやすくて多機能です。日本語にも対応しています。

③ パソコン上のウォレット

パソコン上のウォレットについては、自分のパソコン上にウォレットをインストールしてオフラインでビットコインを保管することができます。オフラインで管理することができるので、インターネット上に保管するよりもセキュリティは高いです。ただ、最初の設定が面倒くさい点や、パソコンが故障したりハッキングを受けたりすると、結局オンラインウォレットと同じようにビットコインを失います。パソコン上のウォレットを利用する際には、パソコンのセキュリティを強化したりバックアップを取るなどの対策をしましょう。

◯Bitcoin Core(ビットコイン・コア)

こちらはビットコインの公式ウォレットになります。このウォレットは、インストール後に時間をかけて全てのブロックチェーンをダウンロードする必要があるため、すぐに利用することはできません。Bitcoin Coreではセキュリティ面でのオプションがあまり多くなく、それを改善したのがArmoryというウォレットになります。預けることのできる通貨はビットコインのみとなります。

公式サイトへ

◯Electrum(エレクトラム)
こちらは軽量型多機能ウォレットになります。Electrumはオフライン環境で取引を行える「コールドストレージ」という機能をはじめとして様々な機能があるのが特徴です。セキュリティのオプションもたくさんあり安全です。またElectrumでは、動作の軽量化がされているため、ウォレットを開く際に重くてなかなか開かないということがないのも特徴です。Electrumも取り扱いはビットコインのみになります。

公式サイトへ

④ ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、専用の端末にビットコインを保管する方法で、非常に安全性が高いウォレットです。ハードウェアウォレットは、オフライン下でビットコインを保管することができ、パスワードや多くの認証システムで厳重に保護されます。ただ、機器の故障などのリスクはあるので注意が必要です。

 

◯Trezor(卜レザー)このハードウェアウォレットはセキュリティが非常に高いのが特徴です。また、操作も二つのボタンのみなので初心者でも簡単に扱うことが出来ます。万が一、ハードウェアが故障しても復元用の単語をメモしておけば、別の端末にデータをインストールすることができます。対応している通貨は、以下になります。

  • ビットコイン(BTC)
  • Dash(DASH)
  • Zcash(ZEC)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • イーサリアム系トークン全般

他のウォレットに比べて対応している通貨数が多いのが特徴です。現在Amazonで17,480円になっています。少し値は張りますが、資産を安全に保管できると思えば安いでしょう。

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (グレー)

 

Ledger Nano S(レジャーナノS)
このハードウェアウォレットは、セキュリティはもちろん高いのですが、イーサリアムとリップルに対応しているのが大きな特徴です。また、操作も簡単で人気のハードウェアウォレットになっています。このウォレットの対応通貨は、現時点では以下になります。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ECT)
  • イーサリアム系トークン全般(Augurなど数十種類)

Amazonにおいて13,800円で販売しており、TREZORに比べると少し安いですね。しかし現在Amazonでは在庫がなく、予約注文という形になります。※10月まで入荷待ちだそうです(7月8日現在) 海外のLedger社公式サイトから購入することもできます。こちらだと2~3週間で届きます。

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

海外の公式サイトへ公式サイトへから直接注文

⑤ ペーパーウォレット

最後のウォレットはペーパーウォレットになります。紙ベースでビットコインを保管する方法で、ハードウェアウォレットに並んで安全性の高い保管方法になります。ただペーパーウォレットは、長期保管用にはよいのですが、利便性の点で頻繁にビットコインを出し入れするのには向いていません。また、紙ベースであるため紙や印字の劣化の可能性もありますので保管には注意が必要です。

ビットコインウォレット まとめ

以上のようにビットコイン・暗号通貨の保管方法にはたくさんの種類があります。それぞれに利点と留意点がありますので、特徴を理解し、保管する数量や利用頻度、リスク分散を考えて、うまくウォレットを使い分けるとよいと思います。参考になりましたら幸いです!