投資信託に対して、みなさんどのようなイメージをお持ちでしょうか。 少ない資金で分散して投資することができる、プロのファンドマネージャーによる運用だから安心、と言われているのを耳にしたことはありませんか。

ですが、大損している方も少なくありません。 これは投資信託の多くが、自分が利益を得るよりも自分以外の人が利益を得ていることのほうが多い為だと言われています。大損している人がたくさんいる一方で、利益を得ている人は少数なのです。

投資信託というのは資産を形成する重要な手段とされている金融商品であり、欧米ではミューチュアルファンドと呼ばれ非常に重要視されています。日本で、お金を増やす方法やお金を儲ける方法という類の本を見かけることも増えてきました。 海外で出版されているこのような本には、ただ貯蓄しておくことに対する投資の優位性や投資の手段としてのミューチュアルファンドの有用性がよく述べられています。単に銀行などに預金しているだけでは、企業経済の成長による影響を受けるのには不十分です。

また特定の株式への投資は、大きなリスクを伴うこともあります。ですので、ファンドを通じて長期的に投資することは経済成長の恩恵を受け、また分散投資やファンドマネージャーによる運用ということでのリスク軽減が主張されているのです。しかしながら日本国内での投資信託は海外のそれとは少し印象が異なります。大成功した話や、現実に資産を形成するのに役立ったという話はあまり聞くことがありません。 投資信託を行った富裕層の方に関する調査を見てみると、大半の方が大損したから二度と行いたくない、と感じているのを何かで見ました。

ただ運用益などよく調べてみると、もちろんそうした商品ばかりではありません。投資信託は数百という商品がありますので、りしっかりパフォーマンスを上げているものも中にはあります。結局はよい情報をいかに仕入れるかということになってきます。大手金融機関が運営しているファンドだから安心だということはないので、正しい目を持っていきましょう。



では、日本の投資信託と欧米のミューチュアルファンドは何が異なるのでしょうか。 日本で大損する人が多い理由として、日本のファンドマネージャーの仕事が実にサラリーマン的であること、日本の株式市場が長い間低迷していたこと、など様々な考え方があるようです。日本国内の又は日本で販売されている海外の投資信託、海外の株式や債券への投資など資金運用の方法は様々ですが、大切な資金を使うので大損しないよう見極めなければなりませんね。