スポンサーリンク

Googleが出資している暗号通貨リップル

仮想通貨といえばビットコイン(Bitcoin)を思い浮かべる方が多いでしょうが、近年、急速にその知名度を上げている暗号通貨がリップルです。

日本ではリップルコインとも呼ばれており、通貨単位を用いる時には1リップルといった呼び方をする人もいますが、これは日本だけの話で通貨単位はXRPが用いられます。

現在、暗号通貨のシェアはビットコインとイーサリアムが上位を占めていますが、その次に位置しているのがリップルです。

よって、急に知名度が上がったとはいえ、以前から暗号通貨としての地位は確立されていたのです。

 

それでは何故、近年急に知名度が上がったのでしょう。

それは、1つには、時価総額世界第三位を誇る世界的大企業のGoogleがリップルに出資したことにあります。

暗号通貨は未だ世界でも国家ベースにおける取り扱いさえ決まっていない状況で、まだ海のものとも山のものともわからないというのが実情です。

そんな暗号通貨の分野にGoogleが出資したのですから、リップルにはそれだけの魅力があるのでしょう。

それでは世界的大企業もが注目するリップルとはどのような暗号通貨なのかを簡単に説明していきましょう。

 

リップルは開発・管理元が明確化されている

仮想通貨といえば開発元や発行元が明確化されておらず、管理者さえもいないという点が大きな特徴であり、かつ懸念材料とされています。

しかし、リップルはその点において他の暗号効果とは大きく違っています。

リップルはビットコインの創業者ではないかとも言われているJed・McCalebが率いるRipple・Labs・Inc.が開発、管理しています。

この点は今ままでの暗号通貨にはない、リップルの最も大きな特徴といえるでしょう。

ビットコインをはじめとする暗号通貨は管理者を必要とせず、ネットワークに参加している利用者が互いに監視して、不正取引を防ぐ他にはない管理システムを構築しています。

これを可能にしているのはブロックチェーン技術で、国のパワーをもってしてもブロックチェーンへの改ざん等の不正行為は不可能と言われる程の強固性をもちます。

しかし、そうは言っても管理者がいないため、システムの調整やバージョンアップが不可能なため、将来的な強固性については懸念が持たれているのが実情です。

その懸念をクリアした次世代の暗号通貨こそがリップルなのです。

 

リップルは流通目的で開発されたわけではない

ビットコインをはじめとする仮想通貨には様々な使途目的がありますが、全てに一貫しているのは通貨としての流通を目的としている点です。

実際、北米ではビットコインを通貨として使える場は多く、将来的には主要な決済方法となる可能性が高いと予測する見識者も少なくありません。

未だビットコインの価値は投資性の方が高いのですが、本来の目的である通貨としての決済の場は確実に広がっているのです。

しかし、この点においてリップルは違います。

リップルは市場での決済手段として成長させる目的はありません。

確かにリップルは通貨としての側面はもってはいるのですが、通貨としての流通を目的に開発されてものではないのです。

日本ではリップルコインと呼ばれているくらいですから、従来のビットコインのような暗号通貨だと認識している方が多いようですが、そもそも「リップル=暗号通貨の名称」という認識が間違っています。

リップルとは通貨名称ではなくリップルシステムのことを指します。

では、流通目的でないのならば、通貨としてのリップルは何のために開発されたのでしょう。

実は通貨であるリップルは、リップルシステムを利用するために生まれたのです。

 

銀行が注目する送金技術・リップルシステム


それでは、リップルシステムとはどんなものかを説明していきましょう。

リップルシステムは簡単に説明すると、為替取引を安易で迅速に行うための送受システムです。

この送受システムはビットコインでも可能で、銀行を介さない個人間の直接取引が可能で、下記のようなメリットを生んでいます。

  • ・手数料が安い
  • ・24時間365日の送金が可能
  • ・海外送金でも最大10分で送金可能

 

しかし、リップルの場合はビットコインの送受システムよりも、さらに好条件で送金が可能になります。

その特徴は下記の通りです。

  • ・手数料はたったの1XRP ※2017年4月現在、1XRP=4円程度
  • ・24時間365日の送金が可能
  • ・海外送金でも数秒で送金可能
  • ・希望の通貨で送金可能

 

このリップルの送受システムを利用する際に、必要となるのがリップルの通貨であるXRPです

XRPはこのリップルの送受システムを利用するためだけに生み出されたといてっても過言ではないでしょう。

 

またビットコインの送受システムと最も違う点は希望の通貨で送金が可能な点です。

ビットコインの送受システムの場合、お金の送受に使用されるのはビットコインとなります。

よって、受け取った人はそのビットコインを取引所に持って行って、使用する希望通貨に換金する必要があります。

しかし、リップルの場合はその換金の必要がありません。

希望の通貨で送金することが可能なのです。

 

送り手がドルしか持っていないとしても、円やウォン、ユーロと希望の通貨で送金可能なので、受け取った側はビットコインのように換金する必要がないのです。

この送受システムをたったの1XRPで利用でき、その送金時間も数秒と驚く速さです。

 

こうしてビットコインの送受システムと比較すれば、リップルの送受システムがいかに優れているのかお分かりいただけるでしょう。

 

海外のメガバンク6社がリップルを利用するインターバンクグループを結成

2016年9月に世界の主要銀行6社が「Global Payments Steering Group」(GPSG)インターバルグループを結成しました。創立メンバーは

  • ・カナダロイヤル銀行
  • ・バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ
  • ・サンタンデール銀行
  • ・スタンダードチャータード銀行
  • ・ウエストパック銀行
  • ・ウニクレーディイタリアーノ

 

SBIを中心としたリップルを主体としたコンソーシアム発足

日本でも、2016年10月、SBIホールディングス株式会社と、その子会社でブロックチェーン技術を活用した次世代決済基盤をアジア地域で展開するSBI Ripple Asia株式会社が中心となり、「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」を発足

株式会社青森銀行
株式会社足利銀行
株式会社阿波銀行
株式会社イオン銀行
株式会社池田泉州銀行
株式会社伊予銀行
オリックス銀行株式会社
株式会社群馬銀行
株式会社京葉銀行
株式会社山陰合同銀行
株式会社四国銀行
株式会社七十七銀行
株式会社清水銀行
株式会社十六銀行
信金中央金庫
株式会社新生銀行
住信SBIネット銀行株式会社
株式会社セブン銀行
ソニー銀行株式会社
株式会社第四銀行
株式会社大和ネクスト銀行
株式会社千葉銀行
株式会社中国銀行
株式会社筑波銀行
株式会社東邦銀行
株式会社栃木銀行
株式会社西日本シティ銀行
野村信託銀行株式会社
株式会社八十二銀行
株式会社広島銀行
株式会社北洋銀行
株式会社北陸銀行
株式会社みずほフィナンシャルグループ
株式会社みちのく銀行
三井住友信託銀行株式会社
株式会社武蔵野銀行
株式会社八千代銀行
株式会社山形銀行
株式会社横浜銀行
株式会社りそな銀行
株式会社琉球銀行
(その他 1行)

 

東京三菱UFJ銀行が6銀行と連携し国際送金を開始

そしてついに、国内1位、世界3位のメガバンク・東京三菱UFJ銀行もリップルのプラットフォームを利用して海外送金サービスに参入すると発表!

初期メンバーは、三菱東京UFJ銀行を筆頭に、バンクオブアメリカ・メリルリンチ(アメリカ)、スタンダードチャータード銀行(イギリス)、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(イギリス)、サンタンデール(スペイン)、CIBC(カナダ)、ウエストパック銀行(オーストラリア)という、そうそうたる顔ぶれで、今後さらに90行程度が参加する可能性もあるとのこと。

 

リップルの投資価値、可能性は?

最後に、リップルの投資価値、可能性についてまとめて終わることにしたい。

先に述べた通り、リップルは異なる通貨間の送金を可能にする送受システムで利用される通貨になります。その有効性、実用性を世界の金融機関が認め、価値がある物として投資家の興味を引き、2017年3月に価格が急騰しました。でもまだまだ導入はこれからです。暗号通貨で送金している人って周りにどれだけいますか?

潜在需要、ポテンシャルを考えたら、このリップル・・ちょっと恐いくらいの投資妙味を感じます。

 

リップル(ripple/XRP)を購入できる取引所は?

Coincheck(コインチェック)です。ここは私も日頃使っています。

円で買うこともBit Coinで買うこともできるので非常に便利です。おすすめ!!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

LINE@で暗号通貨投資ネタをお教えします!!

↓↓↓↓↓

友だち追加