ビットコインを金に例えるとしたら、ライトコインは銀に例えられる。

こんな言い方をされているライトコインですが、実は現在700を超える暗号通過の中でもビットコインの次に歴史が古く、ビットコインの問題点を改善し、さらに使いやすい暗号通貨を作ろうという考えの元、開発されました。

最近はイーサリアムやリップルが上位に台頭してきましたが、実はそれ以前はライトコインがビットコインに次ぐ発行量を誇っていました。

現在はトップ3からは陥落してはいるものの、上位3位に次ぐ4位(2017年6月)に位置しており、依然として人気の高い暗号通貨であることに変わりありません。

そこで今回はライトコインとはどんな特徴を持つ暗号通貨なのかを知ってもらい、今後の投資価値はどうなのかを検証してみましょう。

スポンサーリンク

①ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?

ライトコインはビットコインが発行された2年後の2011年10月7日にリリースされました。

冒頭でも言いましたがライトコインはビットコインの問題点を改善して、さらに使いやすい暗号通貨を目標として開発されましたが、その大部分はビットコインと同じオープンソースのP2P暗号通貨です。

しかし、ライトコインはビットコインと比較すると次の4つの点で大きく違ってきます。
・開発者が明らかにされている
・ビットコインよりも速いバージョンである
・個人でもマイニング参加が可能である
・貨幣の価値を乱高下させない対策が講じられている

■開発者が明らかにされている

ライトコインの開発に携わったのは元Googleのエンジニアであり、中国最大の暗号通貨取引所BTCチャイナのCEOの弟であるチャーリー・リー氏です。

このチャーリー・リー氏が開発時にこだわったのが先に述べた下記の3点です。
・ビットコインよりも速いバージョンであること
・個人でもマイニング参加が可能であること
・貨幣の価値を乱高下させない対策が講じられていること

これらがビットコインと大きく違うライトコインの特徴となってきます。

■ビットコインよりも速いバージョンである

ビットコインの問題点の一つは承認時間が長いという点です。

リリース当時は通常の海外送金と比べれば、この10分という承認時間は驚く程短縮されたものでしたが、ライトコインはこの承認時間をさらに短縮することに成功しています。

ライトコインの承認時間はビットコインの4分の1である約2分半と短く、利用者の利便性の高さをさらに追求しています。

■個人でもマイニング参加が可能であること

ライトコインの公開当時にはマイニング専用ハードウェアASICが開発されていたので、マイニングの難易度が高くなり個人でのマイニングは事実上無理でした。

しかし、ライトコインはまだマイニング専用ハードウェアASICが開発されていないアルゴリズムであるScriptを採用することにより、普通の性能PCでもマイニングが可能となりました。

またマイニングに必要な機材や電力がビットコインと比べると格段楽になったことも注目すべき点です。これによってライトコインのマイニングにかなりの数が流れてきました。これがリリース後に見せた高騰の原因の1つであったことに間違いはないでしょう。

しかし、残念なことに今ではScript用のマイニング専用ハードウェアASICが開発されたことにより、マイニンググループが台頭し、個人でのマイニングは難しくなっています。ですがこれは十分に評価に値する試みと言えるでしょう。

■貨幣の価値を乱高下させない対策が講じられている

ビットコインの価値は非常に高価な上、流通量が少ないことから投資の対象とされることが多く、定期的に訪れるマイニングの半減期を境に価格の乱高下が起こります。

これでは安心して通貨として利用することなんてできませんよね。
しかし、ライトコインは発行する通貨量を増やすことで乱高下対策を講じています。

先程ライトコインの承認時間はビットコインの4分の1と言いましたが、ということは承認に必要なマイニングはビットコインの4倍のものが必要となってきます。

発行総量が増えれば物の価値は下がります。
この理屈を利用して価格の乱高下を防いでいるのがライトコインなのです。

ビットコインが1BTC約2500ドルくらいのとき、ライトコインが1LTC約40ドル程度なのを見ればその効果は想像できますね。

②ライトコイン(Litecoin/LTC)の投資価値は?

それではライトコインという暗号通貨の特徴がわかったところで、今後のライトコインの投資価値について検証してみましょう。

ライトコインの歴史は古く、現在も通貨総量、取引額は上位に位置しますが、様々なアルトコインの出現でしばらく地味な存在でした。

しかし2017年5月11日に segwit(セグウィット)が実施され、ここに来てその安定感が評価され、見直されている感があります。segwitとはトランザクション(取引履歴)を圧縮してデータ量を小さくする処理のことです。

現在ビットコインもブロックサイズ問題を抱えており、先んじてライトコインのsegwit成功は、今後のビットコインのスケーラビリティー問題解決の参考になったと言われています。8月1日にビットコインはソフトフォークの実施がほぼ確実な情勢で、資金の逃し先としてもライトコインに注目が集まっているという説もあります。

特徴を持たせたアルトコインが多い中、ビットコインと同じようなところを目指してきたライトコインには、安定性も増したことで、8月のビットコインの動向如何ではぐっと注目が集まる可能性もあるかもしれません。取引量2番手のイーサリアムがこのところのICO需要で不安定さを露呈したことも材料となっています。注目していきたいと思います。

ライトコイン(Litecoin/LTC)が購入できる取引所は?

Coincheck(コインチェック)です。ここは私も日頃使っています。

円で買うこともビットコインで買うこともできるので非常に便利です!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

LINE@で暗号通貨投資ネタをお教えします!!

↓↓↓↓↓

友だち追加