スポンサーリンク

COMSA(コムサ)とは?

COMSAというものをご存知ですか?この夏発表されたプロジェクトなのですが、SNSの影響もあり、現在多くの日本人投資家が興味を示しています。知らない方は要チェックです。それでは早速COMSAとはどのようなものなのか、詳しくみていきましょう。

COMSAの説明とその目的

COMSAというのは、Zaifを運営しているテックビューロ社が発表したプロジェクトのことです。その目的は既存ビジネスへのブロックチェーンの導入であったり、ICOのサポートであったりします。早速聞きなれない言葉が出てきましたね。ブロックチェーンやICOとは一体何のことでしょうか?

ブロックチェーン

誰もが触れられる情報に対して、誰もが新たに情報を登録して確認できる技術のことで、ビットコインの発展には不可欠な技術です。ビットコインは円とは違って銀行などで管理されているわけではなく、管理は報酬と引き換えに有志の人々に任されています。ビジネスへのブロックチェーンの導入というのは、要するに会社で円だけではなくビットコインなどの仮想通貨が使えるようにするということですね。

ICO(Initial Coin Offering)について

ICO(Initial Coin Offering)というのは、ICOは暗号通貨経済におけるIPO(証券取引所上の新規株式公開)のようなものです。企業またはプロジェクトが自らのトークンやコインを新規発行し、不特定多数の人から暗号通貨により資金調達をします。今までの資金調達は東証や銀行経由からが主流だったのですが、ICOを利用すると煩わしい手続きが要らずにインターネットを通じて資金調達ができるので、世界中で流行しています。このICOのサポートがCOMSAの目的になります。ICOで資金調達するための準備やシステムの導入など、あらゆる面で企業をサポートするプロジェクトです。

こういったプロジェクトを進めるためには当然資金が必要ですね。そのためにCOMSA自身もICOを実施します。資金調達のためにCOMSAトークンというものを発行します。それを買おうと現在なんと既に18万人を超える人がトークン購入のための事前登録に集まっています

いったいどうしてこれほどまでにCOMSAトークンを買いたい人が多いのか、その特徴と合わせて詳しく見ていきましょう。

COMSAの特徴は?

BTC、ETH、XEMで購入する

COMSAトークンは、1USD相当で1単位購入することが出来ます。また、購入の際にはBTC、ETH、XEMで購入する必要があります。日本円などの法定通貨での購入は今のところ認められていないので注意しましょう。

トークンセール時に発行数の上限は設定されない

COMSAトークンは発行上限数が決まっていません。つまり買いたい人が好きな量だけ買えるということです。ただ、トークンセール終了後は、購入されたCOMSAトークン分のトークンが追加発行され、それが総発行数としてロックされます。つまり仮にトークンセールで100万COMASAが購入されたとすれば総発行数は200万COMSAになるということです。発行数はこれ以上増えません。

資金の利用内訳

COMSAトークンセール終了後、追加発行されたCOMSAについて、その10%はICO紹介者へのボーナス、40%はテックビューロの社員やCOMSA関係者へ、50%はCOMSAやZaif等の運営開発費へ利用されます。

COMSAが今話題である理由

COMSA開発に関わるメンバー

今回のCOMSAプロジェクトには、シンガポールのドラゴンフライフィンテックやビットバンク、フィスコといった名立たる仮想通貨取引所のCEOをはじめとして、三井UFJ信託銀行関係者などが参加していて、そのメンバーの豪華さにもCOMSAプロジェクトへの期待が高まっています。

大手企業が参加している

現在COMSAの利用を検討している企業には、株式会社プレミアムウォーターホールディングス、株式会社CAMPFIREがあるそうです。株式会社プレミアムウォーターホールディングスは上場企業であり、COMSAへの期待を裏付けています。

ZAIFトークンとの関連性

COMSAはZaifを経営しているテックビューロ社が発表しているプロジェクトであるため、ZAIFトークンとの関連性も当然強いです。その一つとして、COMSAのトークンセール中、ZAIFトークンでCOMSAを購入することができ、条件を満たせば2%分のCOMSAのボーナスを受け取ることができます。また、COMSAのトークンセール中、ZAIF/JPNの取引高のランキングが付けられ、上位にランクインした場合は合計3万COMSAが配分されます。このようにZAIFトークンの利用で、COMSAをお得に購入することが出来ます。発表後、ZAIFトークンの値段は一気に上昇しました。現在はレンジ相場になっていますが今後も一定の期待は集まると思います。

Zaifトークンが購入できるのはやはりZAIFです。

Mijinとの関連性

COMSAを発行しているテックビューロ社はMijinというプライベートブロックチェーンの開発にも携わっています。プライベートブロックチェーンというのは、組織の内部で使用するブロックチェーンの事です。私たちが今利用しているビットコインはパブリックブロックチェーンの技術によって支えられていますが、それに対して組織の内部だけに仮想通貨などを導入したい場合に使用されるブロックチェーンになります。このプライベートブロックチェーンの基盤をテックビューロ社は開発していて、実際にベルギーの企業ではこのMijinが試験導入されています。

今回COMSAのICOで資金調達が出来れば、このMijinの開発にもその資金を回すことが考えられます。Mijinがさらに改良されれば、企業もブロックチェーンを導入することが容易になりますし、COMSAの目的である、企業へのブロックチェーンの導入のサポートを達成することができます。

NEM(XEM)との関連性

先ほどのプライベートブロックチェーンであるMijinは、仮想通貨の一つであるNEM(XEM)とも関連しており、MijinはNEMに特化したサービスを展開しています。もしCOMSAが大成功した場合、同時にNEMの価値も上がることが予想されます。

 COMSAトークン購入のメリットは?

ICOで有利になる

COMSAトークンでICO案件に払込みすることで、ボーナスを受け取ることが出来ます。また、COMSAで上場されるICO案件のクローズドプレセールに招待される特権が付与され、COMSAトークン未購入者よりもICOに関して有利になります。

大手企業へ投資できる

先ほども紹介しましたが、大手企業がCOMSAの導入を予定しているということは、大手企業がCOMSAを用いたICOを今後実施する可能性が高いということです。COMSAで上場されるICO案件は、COMSAトークンが払込みに有利となるため、将来の大手企業への投資のためにCOMSAトークンを今のうちに購入しておくのも面白そうです。今後暗号通貨とICOによる資金調達が一般的なものになった際には、COMSAトークンを欲しがる投資家は一気に増えそうです。

COMSAトークン購入のデメリットは?

プロジェクトが失敗する

COMSAトークン購入のデメリットは、プロジェクトが失敗するというところです。ただ、プロジェクトの失敗はCOMSAに限らずどんな投資にも言えることなので、デメリットとして考える必要もないことかもしれません。

COMSAに投資する方法は?

COMSAに事前登録する

COMSAのトークンセールに参加するには、まずはCOMSAの公式サイトへいき、ユーザー登録(無料)する必要があります。これがないと購入することはできません。10月1日が締め切りです。
登録することでCOMSAに関する最新情報やトークンセールの情報を手にすることができます。

COMSA事前登録

BTC、ETH、NEM(XEM)、Zaifトークンのいずれかを購入しておく

COMSAの購入には上記の仮想通貨のいずれかが必要になります。特にZaifトークンは、前述の通りボーナスがありますのでお得です。ちなみに取引所Zaifはチャートが見やすくて使いやすいのと手数料も安いので普段のトレードでもお勧めです。まだアカウントをお持ちでない方は、これを機に口座開設しておくのもよいと思います。COMSAを活かしながら色々と今後面白いこと手掛けていく気がします。

 今後の日程

現時点で、COMSAのトークンセールについては2017年10月2日14時に開始され、2017年11月6日14時に終了する予定です。トークンセールに参加するにはCOMSAサイトへの事前登録が必須ですので、今のうちに登録しておくとよいと思います。登録は無料ですので、購入するしないはあとでも検討できます。

ちなみに最初のうちは以下のような日程でボーナスが付きます。購入の下限はなく少額でも手に入れること可能です。

+14%ボーナス  10/2 14:00 – 10/4 14:00(JST)
+10%ボーナス  10/4 14:00 – 10/11 14:00(JST)
+5%ボーナス  10/11 14:00 – 10/25 14:00(JST)

まとめ COMSAの投資価値は?

ここまでCOMSAについて紹介してきましたが、投資価値があるかと聞かれたら、私はあると答えます。
現在世界規模でICOによる資金調達はブームとなっています。但し、実態の伴わない詐欺まがいのICOも多く、無法地帯になっています。これは投資熱を下げる要因になります。

一方、COMSAは世界初の整備されたICOプラットホームになります。管理機能が働き、一定の信用の下に資金が集まることは想像に難くありません。お時間ある方は是非COMSAのホワイトペーパーをご一読ください。

そう考えますと、プロジェクトの成功もイメージでき、トークンの価値上昇も期待が集まるわけですが、1つ懸念材料としますと、最初は発行数量は無限で、セール期間終了後に発行数量が固定となります。セール終了後には、COMSAに総発行数を2倍にするということもアナウンスされています。
せっかく投資した通貨の希少価値が半分になるのは少なからずマイナスポイントですが、長期的な目で見れば2倍程度の価値下落は忘れ去られるくらいの期待値があるように思います。(ビットコインが2万倍とかイーサリアムが1500倍とか、このへんは極端ですが、短期間で10倍20倍なんてコインはざらにありますよね)

COMSAは日本発ですのでメディアでもこれから取り上げられる機会は多くなりそうです。

18万を超える登録者というのは、現状の暗号通貨投資人口を考えても相当な数ですね。OPEN時の盛り上がりは間違いないかなと思います。

興味ある方で事前登録がまだの方は急いでください。間もなく購入できなくなります…。

COMSA事前登録