最近本当によく耳にするようになったビットコイン(BTC:Bitcoin)。

ビットコイン持っている人って、時代の流れに乗っている感じがしてうらやましい!

そしてちょっと置いて行かれた感があるのはなぜ…

そう思っている人は、意外と多いのではないでしょうか?でも間もなく持っていることが当たり前の時代がやってきますよ。

以下に、ビットコインについてまとめました。

スポンサーリンク

ビットコイン(BIT COIN)とはそもそも何か?初心者の方へ

ビットコインとはインターネット上に存在する「暗号通貨(仮想通貨)」のひとつです。

その中でも一番メジャーなのがビットコインです。

お札や硬貨のように目に見える形はなく、実態もありません。

インターネット上で取引や発行が出来て、誰にでも手に入れることができます。

 

ビットコインの始まりは2009年にインターネット上にナカモトサトシという方が論文を出したことが始まりでした。なんと日本人(?)なんですよね~。

政府や銀行、手数料に支配されなくても、インターネット上でお金のやり取りが個人間で自由にできるという事が支持され、世界中で広まりました。

 

私たちが普段使っている現金には、政府や発行した責任元の中央銀行などが存在しますが、ビットコインには発行者が存在しません。

特定の管理者がいるのではなく、ユーザー全体で管理しているというのが大きな特徴です。

ユーザー全体の相互監視があるので、不正も起きにくくなります。

相互監視があるからといっても、ビットコイン上のアドレスでしか表示されないため、どこの誰かまではわからないようになっています。

 

暗号通貨(仮想通貨)としてビットコインのメリットとは?

政府や企業、銀行などが関与していないので次のようなメリットがあります。

 

・銀行を通すことなく個人間で送金ができる

・どの国でも使用できる(国境が無い)

・使用に条件や制限が無い(自由な決済)

・換金が可能な仮想通貨

・低い手数料

・口座を凍結される心配がない

・暗号技術が使われているので安心

 

これだけみると、ビットコインってとっても便利なものに見えますよね。

では、デメリットはどういうものがあるのでしょうか。

 

ビットコインにはどんなリスクがあるの?デメリットは?

デメリットとしては、以下のようなことが考えられます。

 

・株や為替と同じく、価格が上下変動する

・世間に浸透していない

・送金先を間違えても自己責任

・パスワードを失くしてしまった、サイバー攻撃に遭ってしまったなどのトラブルがあったときの保証はない

 

以前、ビットコイン取引所が破綻したというニュースがあり、ビットコインは危険というイメージが定着しましたが、逮捕されたのはビットコインを使い込んだ取引所であるマウントゴックス社の社長です。

それがあったために、日本では「ビットコインは怪しい、危険」と思われるようになってしまいました。(実際には価値は上がり続けていました)

 

また一般論として、ITに疎い方には理解するまでに時間がかかります。面倒だから途中であきらめて「そんな面倒なら現金でいいよ」ってなります。必要に迫られないと浸透していくのはななかなか難しいかもしれません。

メリットばかりではありませんが、始めにデメリットも知っておけば、最低限のリスクは回避できるのではないでしょうか。

 

ビットコインはどこで使えるの?利用シーンは?買い物にも?

とても魅力的な使い方だと最初に誰もが感じそうなのは海外送金です。

銀行から送金すると、送金手数料・外資取扱手数料・仲介手数料・関係銀行手数料・為替手数料などがあり、送金額の5%~10%ぐらいになります。

まともに払っていると凄い金額になります。

為替レートにも変動されるし、自分のタイミングで選ぶことができないのです。しかも時間も2~3日かかり、一週間ほどかかる場合もあります。

 

ビットコインに置き換えるとどうでしょうか?

手数料はなんと無料だったり、かかっても僅かな金額で数分で送金ができます。(取引所やウォレットによって一瞬で送れる場合と1時間もかかる場合と幅がありますが)

為替レートに振り回されることもなく、銀行にいって複雑な手続きをして疲れることもなく、手続きはメールを送信するよりも簡単です。

オンライン上で簡単に寄付をすることもできます。取引所のCoincheck(コインチェック)が熊本地震被災者支援のページを立ち上げたとき、国内外から約45Bit集まりました。手数料が安く、早く送金できるので、国内外問わず早く支援したい時にはとてもよいシステムですよね。

 

また普段買い物するときにクレジットカードを利用される人も多いと思います。

お店側はクレジットカード会社に3%~5%の手数料を支払いますが、ビットコインで支払えば、クレジットカード会社を通す必要がなくなり、手数料が1%ほどになるので、ビットコインで支払いできるお店が今急増しています。最近だとビックカメラが全店で導入し、ニュースになりました。外国人の買い物客を取り囲むにも有効なんですよね。

近い将来、財布を持たないような世の中が来るかもしれません。

 

暗号通貨(仮想通貨)は持つべき?投資対象としてあり?

最近はITと金融をかけ合わせたフィンテック(FINTEC)が殊に話題になっています。画期的な技術が次々に生まれ、今、金融システムが大きく変わろうとしています。

日本では2016年に金融庁が暗号通貨を通貨と認めたことで一気に信用度が上がりました。

実は暗号通貨はとてもたくさんあります。その数は約800種類もあると言われています。3,000種類以上なんて説も。

http://coinmarketcap.com/all/views/all/

※参考サイトcoinmarketcap

 

換金できる暗号通貨もあれば、個人が遊びで作ったお金にはならない仮想通貨もあります。

例えば、「佐藤COIN」や「鈴木COIN」みたいな自分の名前の通貨もすぐに作ることができます。

その中で、ビットコインは徐々に安全資産と考えられるようになって来ています。

先のマウントゴックスの事件のように、ビットコインは盗まれるから危ないと思っているかもしれませんが、それは現金でも同じでしょう。

 

テレビなどの情報で、ビットコインの値段が上がったと聞くと儲かるのではないのかと想像してしまいますよね。

2009年に1Bit0.1円だったものが2017年4月現在、約14万円って凄いですよね!

140万倍です。初めに参入した人は超の付くビットコイン長者になっています。

 

初めに買った人たちは、まさかここまで価格が上昇するとは思っていなかったでしょうね。

一般的に将来的に必要とされるものは価値が上がり買われるものです。有識者の中では、現在1Bit10万円代ですが(2017年4月現在)、30万円くらいになるとか、100万円くらいになるとか、色々な意見が出ています。諸々の背景を考えると、あながち大げさなことではないようにも思います。

 

少額でもビットコインに触れてみると、その機能、便利さが理解できてきます。

私も2014年に少額から始めました。しばらくは放置していましたが。(というより忘れていました…。)

持っていると本当にその魅力を感じます。今後の新しい通貨として可能性を感じることができますし、ビットコインで決済していると友人から凄いと言われることがあります。ものすごく簡単なんですけどね(笑) 今ならまだ見せつけられますよ。初心者の方も是非トライしてみてください。

 

まとめ(投資としては金と同じようなもの…?!)

利用できるお店が急激に増えています。送金の利便性も銀行振り込みなどとは比較にならないくらい高い。最近は光熱費をビットコインで支払えるようにもなってきています。

ビットコインを利用する人が増えると、今後ますます価値は上がってくることでしょう。

目に見えない電子上のお金というものが確実に広がってきています。

ビットコインは、その発行流通量に上限があることから、利用する人が増加し、信頼性が上昇すれば、価格も大きく上昇するのは当然です。このへんは埋蔵量が有限の金と同じですね。マイニングといってコンピュータが暗号を解読し、コインを発掘する仕組みも鉱山から金を発掘する作業とオーバーラップします。

投資の目線では、これほど分かりやすい上げトレンド、投資チャンスは今後ないかもしれません。急激に伸びている暗号通貨はビットコイン以外にもたくさんあり、短期間のうちにお金持ちが多数生まれています。

人生を変えるチャンスなんてそうそうないと思うので、是非まずは少額でも持ってみてください。色々なことがわかってきますよ。

初めての方におすすめのビットコイン取引所はこちら

↓↓↓↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

友だち追加